タイムカードドットさいと

休憩時間を考慮した経過時間を計算します。


昼休み、午前休み、午後休みと3回分計算できます。
開始 時 
終了 時 

休憩時間1 
休憩時間2 
休憩時間3 

経過時間 0時間0





アルバイトの休憩時間の給料

 アルバイトは労働基準法によって休憩時間が定められており、6時間超なら少くとも45分 8時間超なら少くとも1時間の休憩時間を与えなければならないとなっています。 休憩時間はバイト代はもらえません。
 労働基準法では“賃金(給料)は、労働の代償として支払われる”となっているため、休憩時間は仕事をしていないので賃金は発生しません。
休憩時間について労働基準法ではアルバイトも正社員も同じ基準で定義されています。


Top Page > 時間

各メニュー

時間